RAPT | イスラム国に拉致された後藤健二氏は日本国籍を持たない在日韓国人。湯川氏をイスラム国の生贄とするため、シリアに派遣された工作員か。
湯川遥菜 後藤健二 拉致 イスラム国 殺害 天皇派 教皇派 第三次大戦 
20294
single,single-post,postid-20294,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-3.6.12,vc_responsive
 

イスラム国に拉致された後藤健二氏は日本国籍を持たない在日韓国人。湯川氏をイスラム国の生贄とするため、シリアに派遣された工作員か。

イスラム国に拉致された後藤健二氏は日本国籍を持たない在日韓国人。湯川氏をイスラム国の生贄とするため、シリアに派遣された工作員か。

  |   Society   |   4 Comments

20150125-OHT1I50006-S 

〈注意〉このブログ記事にリンクを貼って、「後藤健二はパスポートを持っていたから日本人」と書いて、私のことを誹謗する陰謀論者たちがいます。彼らは裏社会のトップである「天皇」を支持する裏社会のエージェントです。攪乱工作にご注意ください。(詳しくはこちら
 
このブログを長く読んでおられる方はほとんどが陰謀論の常連でしょうから、マスコミがいかに我々庶民に嘘をついているかについて、いちいち説明する必要はないと思います。
 
しかし、このブログには毎日のように初心者の方たちも大勢訪ねてきていますので、とりあえずマスコミが「イスラム国」による日本人拉致について、いかに嘘ばかり報道しているかを先ずはお話しておきたいと思います。
 
結論から言うと、今回、拉致された「後藤健二」という人物は日本人ではありませんでした。れっきとした韓国人です。日本国籍は持っておらず、勝手に日本名を名乗っていただけのようです。
 
ですから、「イスラム国」が日本に脅しをかけてくるというのは筋違いの話であり、お隣の韓国に身代金を要求すべきなのですが、マスコミはこんな事実を未だに調べられないのか、それとも調べていながら知らない振りをしているのか、相変わらず日本政府の対応がどうとかこうとか、どうでもいいことばかり大騒ぎしています。
 
とりあえず、以下の記事をご覧ください。
 
----------------(以下、Facebookより転載)
 
ISISでの人質となった湯川榛名と後藤健二ですが、マスコミが報道していない違和感を感じていましたが、後藤健二の母親の石堂順子の登場でマスコミが隠したかったことの全貌が理解できました。
 
元々の情報では湯川榛名を救おうと後藤健二が救出作戦を行ったが騙されて拘束という話がニュースに流れた話ですが、当人のブログ記事より、最初に湯川榛名がイスラム国に潜入した時から後藤健二が手引きしていて、湯川榛名のイスラム国潜入のそもそもの黒幕が後藤健二だったので救おうと動いていたことが分かっています。
 
その後藤健二氏は西早稲田の在日左翼ビル所属の韓国系プロテスタント教会に所属するプロテスタントです。同じビルには九条の会も核マル派もレイシストしばき隊のオフィスもある有名な在日左翼ビルです。
 
その母親の名前は後藤ではなく石堂です。その母親の記者会見で様々な不都合ワードが飛び出して、さすがのマスコミも父親の職業を漏らした途端に慌ててCMで話を切ってしまいました。
 
父親は韓国軍のトップだったという発言はさすがに慌ててマスコミはCMを挟みました。その妻と息子の苗字はなぜか違います。朴なのか金なのかわかりませんが、父親は韓国籍男性であり苗字は韓国の苗字のはずです。ところが妻は石堂で息子は後藤です。そう、通名です。
 
通名が使えるという事は日本国籍を取得していないからです。そして母親は関係のない反原発と地球平和を訴えました。つまりプロ市民なのです。
 
母親は在日朝鮮人プロ市民、そして父親は元韓国軍エリート、これが湯川榛名を巻き込んでイスラム国で活動していた後藤健二の正体です。母親の登場で疑惑に過ぎなかった事が事実である事が解りました。
 
邦人救出とマスコミは騒いでいますが、邦人とは「日本国民の国籍を有する者」です。その意味では後藤健二氏は日本国籍を有していません。
 
イスラム国には後藤健二は韓国籍であり、身代金は民団か韓国に求めるように教えてあげて欲しいものです。日本人でない者が人生の破堤した自殺志願者の湯川榛名を誘ってイスラム国潜入をして、手下の湯川榛名が捕まったので単独救出に動いて自分自身も拘束されたというのがこの事件の真相です。
 
日本に住んでいるのであれば日本人や日本政府に迷惑をかけない生活をして欲しいものです。後藤健二は日本人ではありません。その事をマスコミは正しく報道すべきです。
 
自己責任以前に日本人でないものが日本人を装って日本人や日本政府に迷惑をかけている事件なのです。左翼が人道支援の凍結や身代金を払っても救えと発言しているのはお仲間だからです。ISASで捕まっているのは在日左翼活動家なのです。
 
そして母親の発言ですが、日本人であれば息子が迷惑をおかけして申し訳ございませんと謝罪しますが、逆に健二は優しいはいい子なので救ってほしいと反省を述べませんでした。日本人ではない文化圏の思想を持つ意見です。
 
本当に左翼は迷惑な存在です。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、今回のこの事件によって、この上に記事に書かれた「西早稲田の在日左翼ビル所属の韓国系プロテスタント教会」が一躍有名となり、この教会について書いた私の記事にもアクセスが集中しています。
 
キリスト教プロテスタントも悪魔崇拝者に乗っ取られている可能性大です。「日本基督教団」は在日・反日勢力と同一体でした。
 
西早稲田の「アバコビル」という建物には「日本基督教団」というキリスト教プロテスタントの巨大組織が入っているのですが、実はこの「日本基督教団」は反日在日団体の隠れ蓑となっていて、純粋なキリスト教の団体ではありません。
 
「バチカン」がカトリックを装った裏社会の煙幕であるように、「日本基督教団」はプロテスタントを装った裏社会の煙幕なのです。
 
しかも、日本全国にあるプロテスタント系の教会はこの「日本基督教団」から正式なキリスト教会であると認められない限り、「異端」というレッテルを貼られることになっています。それぐらいこの「日本基督教団」はこの日本で強い権威を持っているのです。
 
しかしながら、今も言いました通り、この「日本基督教団」こそが真の「異端」です。彼らは何か事あるごとに以下のような反日組織を次々と結成し、その組織のパンフレットにも上記の「アバコビル」の住所を使い回ししてきました。
 
・河本を守る市民の会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・片山やめろネットワーク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・ホンダを許さない!吉本緊急集会事務局・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・在日外国人の人権委員会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・在日韓国人問題研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・在日本大韓基督教会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・在日韓国基督総会 全国青年協議会(全協)・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・外登法問題と取り組む全国キリスト教連・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク・・・新宿区西早稲田2-3-18
・女たちの戦争と平和資料館・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・戦時性暴力問題連絡協議会・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・難民・移住労働者問題キリスト教連絡会 <難キ連>・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・石原やめろネットワーク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
・移住労働者と連帯する全国ネットワーク・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18
 
プロテスタント教会に通う信者の中には、こういった裏事情も知らず、健気にこの「日本基督教団」系の教会に通っている人もいるはずです。
 
ですから、後藤健二氏が「日本基督教団」の教会に通っているからといって、それだけで彼が裏社会と関わっていると考えるのは早計なのですが、上の記事にもありますように、彼の父親は韓国軍のトップ。
 
しかも、母親と後藤健二氏とはそれぞれ通名を使っていますので、後藤健二氏が本物の日本人でないことは明らか。なのに、マスコミはこの事実を公にしない。
 
これだけでも、マスコミの報道がいかにインチキであるかが分かりますが、さらに私から補足させてもらうと、韓国と安倍晋三とアメリカはグルであり、彼らはみな「教皇派」という裏社会の一派に属しています。この辺のことはこのブログの常連でなければ理解できないことだと思いますので、詳しくは以下のリンクをご参照下さい。
 
よど号ハイジャック犯と親しい前原誠司。北朝鮮に厳しく韓国に優しい安倍晋三。その理由とは。
 
ライブドア事件はロックフェラーによる天皇つぶしの計画でした。ホリエモン逮捕も口封じのためです。
 
したがって、後藤健二氏が拉致されたというのは嘘で、彼が「教皇派」の在日工作員である可能性が大です。ですから、もう一人の拉致された湯川氏も工作員なのかなと思っていたのですが、今日のニュースで彼は殺害されたとのこと。
 
イスラム国拘束:安倍首相「画像の信ぴょう性高い」 – 毎日新聞
 
本当に湯川氏が殺されたのかどうかは分かりませんが、もし本当に殺されたのであれば、湯川氏は工作員ではなかったということになります。
 
したがって、後藤氏が工作員として湯川氏をイスラム国の生贄とするためにシリアに連れて行った。で、実際に湯川氏を殺し、イスラム国に対する日本人の憎しみを増幅させることにした。というのが、裏社会のシナリオだったのかも知れません。
 
実際、彼らはそれぞれ別々にシリア入りしたという話になっていますが、それはあくまで表向きの話のようで、実際のところ彼ら二人は一緒にシリア入りしていたとのこと。なのに、なぜかマスコミはこの事実を隠しています。
 
後藤健二の疑惑 – マスコミが正確に報道しない湯川遥菜との関係 : 世に倦む日日
 
もちろん、この事実を隠すということは、裏に何かあるということです。ですから私としては、湯川氏をイスラム国の生贄とするために、後藤氏が彼をシリアに誘ったとしか考えられないのですが……。
 
実際、二人の拘束された場面を見てみると、湯川氏はどこか怯えきったような、疲れ切ったような印象を受けますが、後藤氏はあまり怯えた様子もなく、疲れ切ったような様子もありません。
 
 
 
ですから、後藤氏のみが裏社会の工作員で、彼は裏社会の描いたシナリオ通り、先ずはテレビでジャーナリストを名乗り、シリア入りを宣言。以下がそのときの映像の一部です。
 
wpid-maxresdefault3
 
で、あえなく湯川氏とともに拉致されて今回の騒動になったと見せかけた。で、ここで彼の母親を名乗る人物がテレビに出てきて、何やら怪しげな記者会見をした。その記者会見の模様がこちら。
 


 
この母親は、後藤健二氏の拉致された際の声を聞いて、「息子の声ではない」と言ったそうですね。それで、慌ててネット工作員たちが「99%以上の確率で本人の声、と専門家が言っているのだから、専門家の言うことを信じろ」と吠えまくっています。
 
後藤母「息子の声ではありません」専門家「99%以上の確率で後藤さん本人の声」
 
まあ、悪魔はいつも99%だけ本当のことを言って、残りの1%だけ嘘をつきますので、専門家が100%と言わず、99%と言った時点で、私は「怪しい」と思ってしまうのですが、まあ、そんなことはどうでもいいです。
 
母親の記者会見からすると、彼女がグルとは考えにくいし、むしろ裏社会から「悲劇のヒロイン」として、いいように使われたという感じですが、その効果もあって、今や「イスラム国が日本人を拉致し、日本政府に脅迫をかけてきた」というマスコミの報道は、B層の多くの方々に信じてもらえているようです。
 
こうなると、戦争だけは何が何でも反対と言っていた日本人も、「イスラム国」を攻撃するのはやむを得ない、という考えに傾いていくかも知れません。少なくとも、そういう話をする御用ジャーナリストがテレビ等にぽつぽつと出てくるでしょう。カズヤチャンネルでもそんなことを言い出すかも知れませんね。
 
きっと彼らは「テロに屈せず、テロと戦うべき」と言って、平和憲法を無視してでも「イスラム国」に先制攻撃をすることを容認させるよう仕向けていくはずです。
 
もちろん、A層は「安倍が世界各地に大量の金をばらまいたせいで「イスラム国」の怒りに火をつけた、安倍はなんて野郎だ」とか「安倍とアメリカがグルになって戦争に走った」などといって騒ぎ出すでしょうが、それもまた裏社会にとっては痛くも痒くもない。
 
そうやって彼らに騒がせておけば、真の黒幕である「天皇」や「バチカン」は誰からも疑われることなく、第三次世界大戦を「テロとの戦い」として開始できるからです。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
イスラム国による日本人拉致は、第三次世界大戦への布石かも知れません。
 
で、「天皇派」は「教皇派」の国に潜伏したイスラム国を攻撃し、「教皇派」は「天皇派」の国に潜伏したイスラム国を攻撃。そんな振りを装いながら「天皇派」と「教皇派」の勢力争いが始まる……。
 
安倍晋三はそんなヒトラー役を演じるのが嫌で、天皇にその役目を断ろうとしたが、天皇はそんな安倍に怒り狂って、安倍内閣の不祥事を次々と暴露させた。
 
で、解散総選挙という運びになったものの、安倍晋三はこのまま汚名を着せられて、裏社会で降格されるぐらいなら、表社会で汚名を着せられて、裏社会で昇格するという道を選び、ヒトラー役をそのまま遂行することにした……。
 
そのため、今回の解散総選挙で再び安倍政権が成立した。
 
で、第三次世界大戦でいざ「天皇派」が勝てば、自民党の戦争責任を追及するなどと言いつつ「維新の党」や「小沢一郎」あたりが面目躍如。
 
「天皇派」の政治家たちが日本政治の舵を握り、まずは東京から関西へと遷都し、日本中心のNWOを推し進めていく。これを単なる私の妄想と思う方は、以下のリンク記事をご覧ください。
 
政界では早くも関西遷都と天皇礼賛キャンペーンが本格始動しようとしています。橋下・小泉・細川・小沢の動きに要注意。
 
ロックフェラー家の内部抗争について。またはジェイ・ロックフェラーと小沢一郎と橋下徹の奇妙なつながりについて。
 
「教皇派」が勝った場合は、もちろんこのままアメリカ中心のNWOが続行され、日本はアメリカの完全な属国となる。もちろん、TPPも飲まされる。(もしかしたら、戦争の機運が高まったのも、TPP交渉が決裂したからではないかという気がしないでもありません。)
 
で、自民党はその後も与党として君臨しつづけ、安倍と石破あたりのみが戦争責任を追及されて終わり。清和会の政治家たちが、その後の日本政治を引き継ぐこととなる……。(清和会が分からない方は以下のリンクをご覧ください。)
 
清和会と経世会について。または日本の政治家を「天皇派」と「教皇派」に区別する簡単な方法。
 
まあ、裏社会の描いたシナリオはこんなところだと思いますが、いかがなものでしょうか。
 
ロスチャイルドがいずれ近いうちに「小沢一郎」を日本の帝王に仕立てる、なんて噂話もネットのあちこちで耳にしてきましたが、その噂話もまんざら嘘ではなかったのかも知れません。もちろん、「天皇派」が第三次世界大戦に勝てばの話ですが……。
 
もちろん、我々は戦争すらも起きないように祈りと情報拡散に勤しむべきでしょう。
 

4 Comments
  • アモリフェラ | 1月 25, 2015 at 10:05 PM

    時々、世の中が仮想現実のように見えるのは、私だけでしょうか? いろいろな人物の言動が、ひどくわざとらしく見えたりするんです。安倍さんなんかも、この人ほんとうは何がしたいのだろうとよく思います。ロックじいさんの操り人形で、時々天皇から叱られているんだろうか。だからあんなに、やっていることがわざとらしく見えるのか、今日のRAPTさんのブログを読んで思いました。天皇中心のNWO、その実現のために軍国化して戦争するなんてゴメンですが、後世の人々からはあれが平成維新だったとか言われたりするんだろうか?なんて想像して嫌な気持ちになりました。 いつも勉強になります、ありがとう。

  • プル14 | 1月 25, 2015 at 10:11 PM

    彼らのつぶし合いが本格化してきましたね。
    湯川さん殺害の情報をきき、後藤さんの扱いと、彼の態度に違和感を感じていました。なんだか彼だけ丁重に扱われている気がする。何故か彼は冷静に捕らわれている気がする・・・と。
    こういうことだったのですね。すっきりしました!
    最もこのブログにであったおかげでこのような疑問が湧いたわけですが。

  • こうきち | 1月 26, 2015 at 5:00 PM

    raptさん、日々の更新お疲れ様です。
    安倍のバラマキ外交しかり、着々と第三次世界大戦への足場固めが進められているようですね。
    パラオ訪問も露骨すぎて気分が悪くなります。
    両殿下自らが危険を冒しての訪問。
    まあ、表天皇は営業マン、裏天皇が実質「天皇派」の支配者なのでしょうけど。
    いづれにせよ「教皇派」は面白くないでしょう。
    ↓↓↓
    「天皇皇后両陛下のパラオ共和国御訪問に関する内閣総理大臣談話」
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/pw/page4_000925.html

  • mimu | 1月 28, 2015 at 6:19 PM

    稚拙コメントお許しください。
    アモリフェラさんのコメントに共感いたします。
    出先で見るテレビ番組もフィルターがかかったかのように、ぼんやりとしか見えてこないのです。
    何か現実の事でないような不思議な感覚に囚われます。

    後藤健二の母親の会見は、「父親が朝鮮とかの軍人で」と話始めた途端、民放はいきなりCMへ突入しました。
    マスコミは一体何をしたいのでしょうか。
    RAPT様のブログで日々、勉強させていただいております。
    これからもサーバー制限で閲覧が出来なくなるということのないよう、心よりお祈りしております。

Post A Comment