RAPT | 理研・笹井副センター長が自殺。これまた金融ユダヤの暗殺の疑いが濃厚です。
理研 笹井 副センター長 自殺 暗殺 金融ユダヤ ロックフェラー ロスチャイルド ガン利権 
14120
single,single-post,postid-14120,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,wpb-js-composer js-comp-ver-3.6.12,vc_responsive
 

理研・笹井副センター長が自殺。これまた金融ユダヤの暗殺の疑いが濃厚です。

理研・笹井副センター長が自殺。これまた金融ユダヤの暗殺の疑いが濃厚です。

  |   Society   |   No comment

14.4.13笹井芳樹氏-1024x820 

とにかく悪魔崇拝者である金融ユダヤの暴走がひどいです。一体誰が、この笹井氏の自殺のニュースを信じるというのでしょう。
 
ネットでは早くも暗殺説が浮上していますし、私もこのニュースを一目見ただけで「暗殺」という言葉が頭に浮かびました。
 
とにかくSTAP細胞が再現されてしまったら、ガン利権が困ります。彼らの食い扶持がなくなります。彼らはガンが治ってほしくないのです。不治の病のままであってほしいのです。
 
ガン利権とはすなわち抗ガン剤やガン保険で儲けている人や企業のこと。詳しくは過去に記事を書いていますので、以下のリンクをご参照ください。
 
ガン利権によるSTAP細胞つぶし。金融ユダヤ人こそこの世のガンだ。
 
テリー伊藤はB層騙しのための金融ユダヤの在日工作員。その証拠もあります。
 
首をくくっていたという自殺の方法も、私がついこの間指摘したフリーメーソンの報復殺人の手口の一つです。彼らは裏切り者の喉を切って殺しますが、実際に喉を切らずに、ロープで喉を絞めるという方法をとることもあります。
 
佐世保女子高生殺人事件は紛れもない冤罪です。悪魔崇拝者による報復殺人でした。
 
実際、前にご紹介したフリーメーソンの絵画にも首をロープで締めたシーンが描かれていましたね。
 
a466eb8b-s
 
この絵を描いたのはウィリアム・ホガースという人で、この絵は「儀式殺人における残酷の四段階」 の四枚目になります。
 
このホガースもフリーメーソンであり、組織の内幕をいち早く暴いた人物の一人でした。
 
この絵の中で、犠牲者は「引き綱」を首のまわりに付けられていますが、フリーメイソンの儀式では喉を断ち切ることを表すものとして定義されているようです。
 
笹井氏がフリーメーソンであったとは思いませんが、結局、金融ユダヤのような悪魔崇拝者たちは、自分たちにとって不都合な人間は何の見境もなく殺してしまうということです。それが彼らのやり方なのです。
 
実は、私がここ最近ずっと話題にしている酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)事件も、真の黒幕はロスチャイルドであるとの噂があります。いえ、噂というより真実といった方がいいでしょう。
 
この事件の犯人とされた少年Aの父親は、川崎重工の潜水艦の電気技師でしたが、潜水艦発射改良型対艦ミサイル・ハープーンに関する機密をロスチャイルドからただでくれとねだられていました。この父親はそれを拒否したのでしょう。
 
で、少年Aに連続殺人の濡れ衣が着せられ、「少年の無実を晴らしたいなら機密をよこせ」とロックフェラーから脅されました。この父親だけでなく、他の川崎重工の社員も脅されたようです。そうやって無理やりミサイルの機密情報をせしめようとしたのです。
 
この酒鬼薔薇聖斗の連続殺人にかかわった真の犯人が、アメリカDIA(国防情報部)とソ連KGBの工作員だと言われています。この二人は友人同士で、俗に言う二重スパイだったようですが、ロックフェラーを裏切って機密情報を中国または北朝鮮に売って金にしようとしたとの噂もあります。
 
そのため、この二人は自殺に見せかけて殺されたようですが、金融ユダヤというのはこういうことを平気でできる連中なのです。
 
こういうわけで、私の中では小保方さんにしろ、笹井さんにしろ、他の理研関係者にしろ、STAP細胞の再現実験に躍起になればなるほど、そしてそれが成功に近づけば近づくほど、命に危険が迫るのではないかと案じていたのですが、さすがにそれを記事にするのはマズイと思って差し控えていました。
 
しかし、こうして笹井氏が「自殺」と報じられた今、私ははっきりと断言します。黒幕は金融ユダヤです。ロックフェラーとロスチャイルドです。彼らにとってこんな都合のいいときに笹井氏が自殺するわけがありません。
 
恐らくマスコミは、STAP細胞の再現実験がなかなかうまくいかずに心労で自殺したとか、周囲からのプレッシャーに耐えられずに自殺したとか言い出すのでしょう。
 
しかし、ここまで全国各地で怪しげな殺人や自殺が続くと、さすがの国民も何かおかしいと気付きはじめるのではないでしょうか。
 
こうなったら、皆さんで一緒に金融ユダヤの滅亡を祈りましょう。金融ユダヤはいつも悪魔ルシファーに我々の滅亡を祈っているようですから、私たちは彼らとルシファーが敵とする神ヤハウェに彼らの滅亡を祈るのです。でなければ、この国は本当に彼らに乗っ取られてしまいます。
 
(追記)この後、笹井氏が暗殺であるとのはっきりとした確証が掴めました。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
理研・笹井氏の暗殺説の裏がとれました。松岡大臣のときと同じく、死因鑑定がわざと回避されたようです。
 
(以下、毎日新聞より転載)
 
笹井氏自殺:「なぜ」関係者に衝撃 「再起信じていた」
 
なぜだ−−。5日朝、飛び込んできた理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長(52)が自殺したとの一報。理研や研究者仲間らの間には大きな衝撃が走った。STAP細胞論文を巡っては、小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の共著者として指導する立場だった笹井氏。理研によるSTAP細胞の検証実験について近々中間報告がされることになっていた中での出来事だけに、関係者らの間に動揺が広がった。
 
再生科学の第一人者の突然の死亡に、親交のあった研究者は驚きを隠せない様子だった。
 
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)時代に笹井氏の同僚だった斎藤通紀・京都大教授は「信じられない」と絶句した。
 
2月半ば、STAP論文中の画像に疑義が出ていることを指摘するメールを笹井氏に送ったところ、「たいした問題ではない。落ち着いたらゆっくり議論しましょう」という返信があったという。「笹井先生の研究能力の高さは万人が認めるところ。だからこそ、今回の問題に皆が驚いてた。こんなことになるなら、何かもっとできなかったかと思う。残念です」と言葉を絞り出した。
 
小保方晴子氏の代理人を務める三木秀夫弁護士は「驚いている。私自身もショックだ。心からお悔やみ申し上げたい。詳しいことがわからないのでこれ以上は控えさせてほしい」とぼうぜんとした表情で話した。小保方氏の精神状態については「一番心配で、対応に努力していきたい」と話した。
 
疑惑発覚後の4月に記者会見した笹井氏について、小保方氏は「尊敬する笹井先生が私の過ちのために厳しい質問にお答えされている姿を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」とのコメントを三木弁護士を通じて公表していた。
 
笹井氏を指導したことがある京都大名誉教授で大阪バイオサイエンス研究所の中西重忠所長(72)は数日前、笹井氏に電子メールを送り、「がんばりなさい」との言葉も添えたが、返信がなかったという。中西氏は5日午前に記者の取材で笹井氏が自殺を図ったことを知り、「忙しいのかなと思っていたが、まさかこんなことになるとは」とショックを隠し切れない様子で語った。
 
(転載ここまで)
 

No Comments

Post A Comment